2009年12月2日水曜日

[417] 水琴窟 藤壺琴


Label: 東日本水琴窟フォーラム
Catalog#: FJAF-0001
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2003
OFFICIAL

1 1:04

2 9:14
3 43:32

つくばいや手水の近くの地中に逆さに埋めた甕(かめ)に滴る、琴にも似た水の音色の響きを楽しむ日本古来の音具=水琴窟。1597年頃、建築家/作庭家の茶人、小堀遠州による排水装置「洞水門」から発祥したといわれ、19世紀に入り庭師達によって日本各地へ普及。一般に認知されたのは、テレビで取り上げられた80年代で、おそらく伝統文化や季節感、環境/騒音(静けさ)への意識からあらたに関心を寄せられることになったのだろうと思います。「キーン、キーン」とひとしずく毎に変化する、この涼やかな音色をヒーリング/リラクセーション向けに編集した音楽ソフトも、今では数々あります。本作「藤壺琴」(とうこきん)は、水琴窟の普及活動や研究を行う組織〈東日本水琴窟フォーラム〉による監修。2002年12月18日午前1時から2時の間、練馬区にある邸宅の水琴窟を、甕の外と聴音管に設置したマイクで録音した3トラックを収録。遠くを走る車のゴーという音が聴こえますが、実際の聴こえや空気感を可能な限り忠実にアーカイブすることを目的にされているそうです。


...
A suikinkutsu (水琴窟, literally "water koto cave") is a type of Japanese garden ornament and music device. It consists of an upside down buried pot with a hole at the top. Water drips through the hole at the top onto a small pool of water inside of the pot, creating a pleasant splashing sound that rings inside of the pot similar to a bell or a Japanese zither called koto. It is usually built next to a traditional Japanese stone basin called chozubachi, part of a tsukubai for washing hands before the Japanese tea ceremony. - wikipedia

2009年11月29日日曜日

[413] David Cunningham - Water


Label: Made To Measure
Catalog#: MTM 31 CD
Format: CD, Album
Country: Belgium
Released: 1992
DISCOGS  AMAZON

1 Stars 5:17 

2 The Next Day 2:23
3 Once Removed 1:54
4 The Fourth Sea 2:20
5 White Blue And Grey 4:58
6 Shade Creek 2:33
7 Short Winter's Day 4:05
8 Blue River 3:59
9 Beneath The Vines 2:56
10 Yellow River 6:04
11 Low Sun 2:27
12 Only Shadows 3:20
13 A Liquid Hand 2:51
14 Dark Ocean 2:07
15 The Same Day 7:01

The Flying Lizardsとしての活動で知られるアイルランド出身の音楽家/プロデューサーDavid Cunningham(デヴィッド・カニンガム)。1992年にベルギーのレーベルCrammed Discsによる環境・付随音楽シリーズの一作として発表された「Water」は、1984年にイギリスのテレビ局Channel4で深夜に放送された「5 CLOSEDOWNS」のサウンドトラックを中心に、91年までに制作されたトラックで構成。水面が映されたその番組は、「アンビエント・テレビ」なる考えに基づいたもので、映像の停滞・遅さに焦点を当てた視覚芸術作品であったといいます。ゆっくり動く水面に反射する光をイメージした#1ではRobert Frippがギターと作曲で参加、そのギターを異なったピッチで重ねた#3(美しい一曲です)、地中海の汚染を題材にしたAshley Bruceによる記録映画のための#4、同映画のための音源から派生した電子ピアノ・ミニマル#8、Deborah Kingの作品のために作曲された残響の深い点描ピアノ曲#15など、薄暗くぼんやりした曲が並んでいます。Made to Measure、pianoレーベルはアンビエント的観点から興味深い作品が数多くあります。

...
This music has been recorded for films, television, dance or other purposes under variety of conditions. The instruments are mostly acoustic sources usually subjected to processes which derive from the malleability of tape as a physical medium. Occasionally there is the sound of a recognizable instrument, but the rest of the sound is a false acoustic space of treated sounds looping, delaying, reversing and being stretched and overlaid in a number of ways. - text excerpts from the sleeve


The music on this CD was recorded for film, television, dance or other purposes under a variety of conditions. Some pieces began as a speculation in the studio, some were made to picture and some are reworks or reductions of other work. The instruments are mostly acoustic sources usually subjected to processes which derive from the malleability of tape as a physical medium. Occasionally there is the sound of a recognizable instrument, but the rest of the sound is a false acoustic space of treated sounds looping, delaying, reversing and being stretched and overlaid in various ways. The choice of input material for these processes comes in part from the relationship of this music to context, to the slow and ambient nature of the film and television images it originally served as atmosphere, counterpoint or sub-text. Within these structures texture, continuity and acoustic space are as important as melody or harmony - an example is the way that many of the tracks fade in and out creating the possible context of an unheard continuity, a time-based frame which can imply unheard music before and after the known material. Here the listener is removed from direct reference to physical space, that being an act of imagination. One principle behind this (usually incorporated unconsciously), is to create the opportunity for the listener to explore a method of listening which is not based on the prescriptive nature of classical form or that of European art music. Whilst the aesthetic of a recorded orchestra suggests an acoustic reality, this music is, in part, attempting to alter that reality to suggest or imply an unknown or impossible acoustic space, to allow associations which are not possible within the concert hall such as a set of relationships between music and the natural world. Much of the music is created in such a way that the structure of the sounds is deliberately simple, allowing the illumination of aspects of the sound or texture that would not be so apparent with conventional melody, in a way attempting to explore inside the sound -this is best seen on tracks 1, 3 and 13, (and in a related way, track 8), where sounds are repeated at different pitches in such a way that the pitch is allowed to determine the length of the sound and the frequency of the repetitions, thereby revealing the time-based relationship of pitch to rhythm. These structures allow the possibility, if the listener should choose, to listen actively and analytically. This invention or re-invention of a structure of harmony based on the relationship of pitch to time is a logical extension of my compositional choice to work with sound as a physical medium, a recorded signal, rather than a historical prescription of notation, organisation and performance. If this is or has been film music it is not the narrative of the hollywood or bollywood epic, rather it has something to do with works which have a different structure; film as document or atmosphere, the European or Japanese art movie. 
- David Cunningham 1992


...
Five Closedowns for Channel 4 Television (1984/1985)

Creator: David Cunningham
Duration: 5 Parts: 
1. Stars/Eagle Clouds 8'47
2. Green River/Yellow River 9'41
3. Spire 8'50
4. Heat 9'26
5. Ripple 9'54
Collaborators or Associated Artists:
Anna Ridley, Producer / John Greaves, Bass Guitar / Robert Fripp, Guitar

...


2009年9月7日月曜日

[395] 吉村弘 - Wet Land


Label: 東芝EMI Eastworld
Catalog#: HRH-1001
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 1993
DISCOGS

1 ウェット・ランド Wet Land 4:33

2 水のきらめき Singing Stream (Spring Mix) 7:39
3 ハート・ランド Heart Land 4:32
4 かわも Ka Wa Mo 2:04
5 ミスト Mist 4:52
6 レイン・ダンス Rain Dance (Rain Mix) 7:29
7 ドーン: 夜明け Dawn 3:01
8 水のささやき Humming Water 3:34

2月頃に立ち寄った万代書店の、ヒーリングCDの棚の前でこれは一体何なのだろうとしばし考え込んだ一枚。公のディスコグラフィに記されていなかったため、おそらく同姓同名の別の作者によるものかもしれないと思いつつ、少しの期待を胸に隣にあった同じシリーズの「スマイル・オブ・ザ・サン」と一緒に買って帰ることにしました。そのCDを聴いてみたところ、やはり吉村弘の音。川のせせらぎや雨の音と重なる、やさしく穏やかなシンセサイザーの音色。音数が少ないオーソドックスな環境音楽調の曲と、ハウス〜ダウンテンポのビートを導入した曲が、川の流れの緩急のようにバランスよく組まれており、森をモティーフとした96年作「Quiet Forest」の水版といった印象を抱きました。

故・吉村弘氏は日本における環境音楽の第一人者であり、サウンドスケープの観点から環境と音の関係(聴くことや、音そのもの)に積極的に向き合った存在。地下鉄の発車サイン音や美術館のサウンド・ロゴ、水族館などの環境音楽制作、造形美術作品、それに数々の手製楽器や音遊びの楽しさを伝えるワークショップなど、その活動は音楽家の域を大きく超えたものでした。
「ウェット・ランド」は、93年4月に東芝EMIのレーベルEastworldから「心の音楽」シリーズとしてリリースされた作品。録音は92年10月。全5作のこのシリーズは、#1 吉村弘「ウェットランド/気分をやわらげるために、#2 石川鷹彦「無限なるこの大空/ストレスを解消するために 、#3 内藤孝敏「音の森林浴/疲れをいやすために 、#4 朝川朋之「エンドレス・タイド/眠れぬ夜のために、#5 森本浩正「スマイル・オブ・ザ・サン/元気をとりもどすためにという風に、各作品に自然のイメージと効用を示すサブタイトルが添えられています。発売元のデータ・アーカイブには作曲者名は残されておらず、リラクゼーション音楽としての実用を目的としたアノニマスな作品として管理されていたのかもしれません。パッケージにも曲名など最低限の情報しか表記されていませんが、心地よい音楽に耳を傾けながら、当時の作者の意向に思いをめぐらすのもまた楽しいです。

2009年7月16日木曜日

[374] Dolphins Into The Future - ...On Sea-Faring Isolation


Label: Not Not Fun Records

Catalog#: NNF155-LP
Format: Vinyl, LP, Album
Country: US
Released: 2009
DISCOGS

A1 On The High Seas 6:51

A2 Lone Voyager 9:00
A3 Onset - Beyond Clouds 2:41
B1 Memory Of Self 7:45
B2 Lapse - Dream 5:36
B3 Aftermath - Isle Of Self 5:13

ベルギー在住の音楽家Lieven Martens(リーベン・マーチン)によるソロ・プロジェクト。名前はイルカとの多次元的コミュニケーションを実践している野生イルカ研究家Joan Ocean(ジョーン・オーシャン)の著作に由来。Dolphins Into The Futureの音楽は、wagonやarborなどドローン・カセット群との同時代性を共有しながらも、かつてのニューエイジ的な世界観をストレートに打ち出していて、現在の地下シーンの中で際立った存在感を放っています。潮騒とイルカのソナー音A2、船の流れ着いた先の民族音楽のようなマリンバ風電子音A3など、テープループやサンプラーを使ってつくられたローファイでトリッピーなサウンドは、海に浮かぶ筏の上で日差しに目を眩ませながら見えてくる幻覚か、または船酔いで倒れた後の夢のよう。鯨類はガイアの声、失われた叡智へとやさしくナビゲートしてくれる存在であり、90年代の自然主義的なアンビエント世界の重要なシンボルでもありました。


A casual interweb cruiser could be forgiven for confusing Dolphins Into The Future the “band” (aka the one-man tape-loop blue-age ambient project executed by Belgian Cetacean Nation ambassador Lieven Martens) with Dolphins Into The Future the book (written by dimensional traveler Joan Ocean concerning her 20-year-long real life spirit quest to commune with a school of 200 wild Hawaiian Spinner dolphins). And, to be fair, they’re a LOT alike. Both deal heavily in trippy, drifting logics, vibrational holograms, and an overdose of psychedelic pastel artwork. But Ms. Ocean’s books are out of print so instead we have …On Sea-Faring Isolation, Mr. Dolphin Martens’ vinyl debut under the DITF banner, after a 2-year string of increasingly blissed tapes and CDRs. Composed of three interwoven pieces per side, Isolation is one of those baffling magic eye LPs that seems to dissolve yr memory of it during the very act of listening. Turquoise webs of billowing synth smoke curl and dissipate into grey horizons of open sea field recordings. The wooden mast of a ship creaks quietly while astral bells toll away in morning fog. You are alone. This record could make a sailor homesick, and Joan Ocean weep. Beautifully composed and sequenced, with just the right amount of wobbly porpoise sonar prisms bubbling up from the deep, this LP exceeded all our expectations (and they were high). A fantastic voyage into the pan-dolphinic dawn. Black vinyl LPs in matte jackets with aquatic-loner artwork by Martens himself, plus a photocopied album review/interpretation by DJ Bongo Man.


...



2009年6月20日土曜日

[361] Iszoloscope - Aquifère


Label: Nautilus
Catalog#: NA05
Format: CD, Album
Country: Belgium
Released: 2002
DISCOGS

1 Iszoloscope Feeding Earth's Blood Stream 7:18

2 Iszoloscope - Aquifère Karstique 6:01
3 Iszoloscope - Phreatobite 3:45
4 Iszoloscope - Subterranea 6:00
5 Iszoloscope - Aquifère Stratifié 5:44
6 Iszoloscope - Holokarst 3:09
7 Iszoloscope - Hypogeum 11:22
8 Fivewaysfromsunday - Hypogeum II 10:42
9 Fivewaysfromsunday - Travertine 3:23
10 Iszoloscope - Untitled 5:34
11 Iszoloscope - Untitled 7:51

ブライアン・イーノが70年代に発表したアンビエント・シリーズの2枚の単独名義は、一言で環境音楽と呼ぶには「環境」と「音楽」の関係が異なるものでした。家具の音楽を再考し、弱音での再生によってその場の環境に溶け込む音楽であった「#1:エアポーツ」と比べ、「#4:オン・ランド」は水や風の具体音と電子音によりもう一つの風景を出現させる、疑似環境としての音響作品。今日まで、#1の家具の音楽よりも、#4のような抽象度の高い自律した疑似環境音楽がアンビエント・ミュージックの主流になったようにみえます。本作はカナダ出身のインダストリアル/テクノイズ・ユニットIszoloscope(イスゾロスコープ)による、暗く冷たい水版「オン・ランド」。電子ドローンやドクドクと脈打つビートに、滴る水の音、水中の雑音、人が溺れている映画のシーンと思われる恐怖心を煽る音声が加わり、悪天候の殺伐とした風景が目に浮かんできます。彼らはJoseph Campbell(ジョゼフ・キャンベル)やTimothy Leary(ティモシー・リアリー)、Luigi Russolo(ルイジ・ルッソロ)といった先人に影響を受けたということです。


bio.

Since 1999, Iszoloscope has been pushing the abstract conceptualization of isolation and its induced altered states of consciousness into a powerful, ominous, and immersive world of dark sonic aesthetic that can be called its very own. Seamlessly bending stylistic constraints by creating a fusion of industrial, electro-acoustic, ambient, rhythmic noise, psy-trance and break-core; this artistic endeavor sets an exceptional standard in hybrid electronic music. Establishing itself as an experimental music project in the late nineties on the radiophonic landscape of Ottawa, Canada; Iszoloscope quickly gathered momentum through weekly broadcasts and renditions at local alternative electronic music events. In 2001, Iszoloscope gained world-wide attention performing at the German underground music festival Maschinenfest and releasing its debut album, "Coagulating Wreckage", on Belgium's Spectre Records. As of Today, Iszoloscope has remixed countless artists, appeared on dozens compilations, produced 4 more full length albums on the European labels Ant-Zen & Spectre ("Aquifère", "Au Seuil du Néant", "Les Gorges Des Limbes", and "The Audient Void") along with several EPs and collaborations on the labels YB-70, Ad Noiseam, and Spectre. Iszoloscope has also executed 5 successful European tours, and a myriad of shows at international events across the planet from Australia to Japan, to Europe and North America.

...


2009年3月25日水曜日

[335] ラジオゾンデ - Sanctuary


Label: Starnet Muzik
Catalog#: ZN-1119
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2009
DISCOGS  OFFICIAL

ギターやクロマハープ、ディレイなどのエフェクターを使い「気象観測気球から眺めた音の風景画」を奏でるデュオ「ラジオゾンデ」(青木隼人+津田貴司)のファーストアルバム。STARNET ZONE(益子)と自由学園明日館(目白)でレコーディング・セッションを行ない、音が生まれる瞬間の息遣いや、音楽をとりまく場所の空気感を活かしたミキシングで仕上げられた九篇の演奏。タイトルの「サンクチュアリ」は、聖域、鳥獣保護区のこと。


new masterpiece of 'picturesque music from an observation balloon' by duo project Radiosonde = Hayato Aoki + Takashi Tsuda. they played guitars (pastoral melody, pointillism, atmospheric drone), chroma harp and some electronics with song of birds (varied tit, brown-eared bulbul etc), crickets and cicadas in Mashiko.



1. air

鈴とハープが空気を震わす。Laraajiのようなチターだと思っていた音色は、クロマハープという東海楽器製(多分)オートハープ。レコーディング場所にもなった、STARNET ZONEで2008年9月に行われたStarnet Muzik Sound Festaでのパフォーマンス幕開けでは、観客の周囲を、津田貴司さんが鈴、青木隼人さんがハープを奏でながら回りましたが、このCDでの曲も同じくマイクの周りを回っているそうです。これから繰り広げられる演奏絵画の為に、基底材にジェッソを塗っているような印象があります。若しくはイヤークリーニング。

2. swallow

タイトルはツバメですが、遠くの飛行機や雲を眺めている気持ちになります。それはギターによるドローンが、私には飛行機が家の上空を通った時の、家全体が共振するかのような太い音のように聞こえたからだと思いました。

3. sign from the north

この曲はアルバムのハイライトの一つ。'swallow'では雲のようだったギターは、ここでは木のコブの穴か、橋の欄干に風が当たる時に鳴る、もがり笛のような音。青木さんは、自身のソロ作で聴くことができる、ゆっくりとした、不思議な雰囲気のメロディを、ノリと抑制の中庸を奏でている。ギターの造りか、ピッキングか、タイミングか。何処か定かではないですが、そのギターはエスニックに聞こえます。後半のドローンの中、最後に現れる風の笛ギターが美しい。とても素晴らしいバランスの一曲だと思います。

4. floating over the forest

時に耳をつん裂く程、高い蝉の声。喧しいはずの夏の風景から、二人は静けさを抽出しています。居る音楽、随分前からそこに居た音楽。

5. noon

どの様な編集をしているのかは殆ど想像ができませんが。変わらずシンプルなセッティングで演奏されているはずの、この曲の背景には不思議とかすかなスティールパンのような音が聞こえます。'floating over the forest'よりも大きく聞こえる蝉の声、その他空気音は、オーバーダブされたものではなく、演奏とともに収録されていて、マイクだけではなく、ギターのピックアップやケーブルの途中から響き込んで、全ての音がなめらかに解けている。蝉と演奏家、その空間の気持ちが合一。

6. conifer

心を奪われるフレーズ。解説によれば、背景の鳥はヤマガラだそうです。鳥の鳴き声には地鳴き(call)と囀り(song)がありますが、callとsongは、音と音楽の間を揺蕩うラジオゾンデの音楽の例えのようだと思いました。

7. sparrow

即興演奏は、演奏者のもつ時間感覚がとてもよく出るのだと思いました。ラジオゾンデの演奏を聴くと、それはプレーヤーで他の音楽からランダムに切り替った時に特に思うのですが、独特の感覚があるように思ったのです。それは早い遅いではなく(早いものに比べると遅く、遅いものに比べると早いという基準は役に立たず)、体内リズムや生活サイクルや腹の虫みたいなもの。それが音に出て模様になっています。とても好きです。

8. moon

この曖昧に伸びていく尺の長い曲は、途絶えなく長く続く(そういう風に聞こえる)二人のライブを想起させます。この曲にも独特の長いサイクルがあるように感じられ、掴みどころがなく所謂環境音楽としても秀逸。

9. flight in the stellar

歳を重ねることは素晴らしい。年を重ねることは素晴らしい。私はこの名曲を、北原なおさん作の絵本、ノアの住む国のサウンドトラックとして聴きます。

bio. 青木隼人と津田貴司のデュオ。ラジオゾンデとは「気象観測気球」のこと。ギターやクロマハープ、エレクトロニクス等によって気球から眺めた音の風景画を描く。自由学園明日館(目白)、STARNET(益子)などでの演奏のほか、N.Y.在住の音楽家SAWAKOのアルバム『BITTER SWEET』(12k)などに参加。2008年には「shibata & asuna」とともに松本・金沢・福井(8月)、新潟(11月)でのライブ・ツアーを行なった。


2009年1月10日土曜日

[308] Robert Haigh - Written On Water


Label: Crouton
Catalog#: crou042
Format: CD, Album
Country: US
Released: 2008
DISCOGS

1 Over Land 4:13

2 Interior Device 2:40
3 Written On Water 6:26
4 Ten Form 5:33
5 Persistence Of Memory 4:13
6 New Harmony 4:39
7 Eight Form 5:15
8 Orbits 5:37
9 Untitled 3:12

海底に沈んだ家具への鎮魂歌、もしくは青白い鬼火のミニマリズム。レタープレスされた手製の白いジャケット、四方の角を紙の額縁で留められた海のカラー写真がとても美しく、「はかなく消える/忘れられてしまう」という意味のタイトルも、音の世界観をよく表していると思います。Robert Haigh(ロバート・ヘイ)は、FoteやSema名義での実験ノイズ作、Omni Trio名義でのドラムンベース作など、多彩な音楽性をもつピアニスト。活動の主軸には本作のような、サティやドビュッシーに影響を受けたうつろなピアノ作品が数作あります。往年のミニマル作曲家を思わせる冷ややかで淡々としたミニマル
ピアノ#1 "Over Land" から始まり、曇り硝子や薄汚れた鏡を通して眺めているような不鮮明な影像を描く#5 "Persistence Of Memory" や #6 "New Harmony" が秀逸で、既にアンビエントの古典としての風格を漂わせています。


bio.

In the early '80s, Robert Haigh released a handful of recordings under his own name, as well as the monikers Sema, Fote, and Truth Club. His atmospheric piano, guitar and sound arrangements were in a class of their own, but ranked among the quality level of other experimentalists such as Nurse With Wound, Current 93, and The Hafler Trio (coincidentally with whom he also collaborated). These recordings quickly developed a cult following and even today are scarce, some fetching high prices on the collector's market. Haigh departed this work in the '90s, moving into an entirely different sound under the moniker Omni Trio. Signing with the esteemed electronic label Moving Shadow, Haigh became highly regarded as one of the originators of drum and bass music, although his style during this time continued to reflect his use of fluid melody and space. And now, Crouton is absolutely delighted to present his newest work, Written On Water. Within these songs, listeners will hear nods to the distinct melodicism of his early Valentine Out of Season-era solo piano work, while also referencing like-minded composers such as Eric Satie, Steve Reich, and Harold Budd. Gone are the drum machines of his '90s work, yet this new music is as much about rhythm as it is about melody. 

...