2008年6月3日火曜日

[213] Nobuo Yamada - WP3


Label: ABH
Catalog#: abh-08
Format: CDr, Album
Country: Japan
Released: 2004
DISCOGS  OFFICIAL

WP#1 Metalic Rain: Improvisation Of A Phenomenon With Raindrops- 50:23

1-1 Piece Of Metal 8:48
1-2 Cymbal 10:31
1-3 Garbage Can 10:20
1-4 Empty Can 15:25
1-5 Stove 5:19
WP#2 Tap Water Vibration: Relation Between An Object And Vibration By Water 58:36
2-1 Plastic Container 9:08
2-2 Can 4:52
2-3 Bottom Of A Can 5:54
2-4 Pan 12:59
2-5 Ziploc 5:45
2-5 Plastic Container (Drone) 9:16
2-7 Metal Plate 6:05
2-8 China 4:37
WP#3 Shower Jamboree: Innocent And Natural Feedback Which Takes Place In A Shower Hose 56:41
3-1 Untitled
listen sample

激しい雨の日に聴いた金属製パイプの音をきっかけに、シンバルやアルミのダストボックス、ペイント缶などの金属素材に雨水をあてて録音(「雨音(変換)バリエーション」)、それらを雨音モノとしてまとめたという3枚組の大作。作者のジャンクノイズ作家/イラストレーターNobuo Yamada氏は、水という素材を「音を発生させる為の動力原理」として捉えたといい、対象物の素材によって音色を変える雨は、その素材の質感を浮き立たせるバチの役割。ランダムな雨だれによる金属的な現象即興 WP#1、台所の水道蛇口から様々な容器に細く垂らした水の振動を与えた WP#2、風呂場のシャワーを素材としながら水のナチュラルな素材感は殆ど感じられない WP#3。水の音を使った作品の中でも、比類のないほどパーカッシブなノイズ/音響。よく聴くと雨音に混じって近くを通る車の音が入っていたり、全て自宅の中で採取されたという水の音にも、作者の生活圏の気配(サウンドスケープ)が含まれているように聞こえます。


今回の3CDR「WP3(water point 3)」は、「水」という素材をあくまで「音が発生する為の動力原理」…として捉えている為に、通常の「水的作品」とは印象が別の物になっていると思うし、そここそが(面白い)ポイント。…ナチュラル系素材を使っても、僕の場合、出口はいつも「メタルジャンク」になってしまう。/ちょっと一息付いたら、次は残りのDisc 3「Shower Jamboree」(シャワーの水滴音響シリーズ)の編集作業へ - Nobuo Yamada 音系ダイアリ:「WP3」の為の制作ノートより抜粋


0 件のコメント: