2008年3月10日月曜日

[109] 長谷川有機子 - 編鐘 水の祈り


Label: 有機音工房
Catalog#: -
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2003

1 水の源(源流) 3:16

2 緑したたる(上流) 6:12
3 命はぐくむ(中流) 5:04
4 海へ(下流) 6:20
listen sample

2008年1月、NHKで「京 音をめぐる」という番組が放送されていました。私が幸いに見ることができたのはそのうちの何章かで、「晩鐘の音」(中川真氏が登場)「技の音」「暮らしの音」など、昔から続く京都の生活や文化をサウンドスケープの視点から紹介するという内容。その番組の中で、一人の女性が風変わりなカリヨンを演奏している様子が流れていました。その方が編鐘演奏家の長谷川有機子さん。復元された古代中国の宮廷楽器「編鐘」を奏で、自然・風景・祭礼を写し取る作曲活動を行っており、森羅万象に耳を澄ますことで感受性を育てる「イヤー・ゲーム」を教育の場で実践されています。賀茂川の源流から淀川の河口まで辿り、風景からメロディを授かったという本作は、現地録音された水の音を背景に、琴鐘・編鐘~カリンバ~タイの太鼓やジャンベといったリズムを強調した楽器が加わり、動的に移り変わっていきます。中でもカリンバと久乗編鐘の組み合わせた#3 "命はぐくむ" は何とも不思議な異国情緒があります。


... An instrumental CD of the rare instrument, Chinese Bells called "Hensho".  Titled "Hensho Mizu-no Inori" (Bell and River's Prayer).  Composer / performer Yukiko Hasegawa has written four pieces inspired by her fondness of the sound of the river.  In this disc, Hasegawa plays the Chinese Bells in Honen-in Temple (Kyoto) and as a harmony has recorded the sound of water flowing from its source (Kamogawa River) until it meets with the Yodogawa River and enters into Osaka Bay - the juxtaposition of human and nature dance together in a sound scape of quiet beauty.  The origin of Hensho dates back to ancient palace music.  A Hensho was placed in a Chinese burial tomb 2400 years ago (400 B.C.).  In Japan, only a handful of Hensho exist.


0 件のコメント: