2007年11月26日月曜日

[028] Virginia Astley - From Gardens Where We Feel Secure


Label: Happy Valley Records / Rough Trade
Catalog#: HA 001 / ROUGH 58
Format: Vinyl, LP, Album
Country: UK
Released: 1983
DISCOGS  AMAZON

Morning
A1 With My Eyes Wide Open I'm Dreaming 5:43
A2 A Summer Long Since Apart 4:36
A3 From Gardens Where We Feel Secure 3:59
A4 Hiding In The Ha-Ha 3:55
Afternoon
B1 Out On The Lawn I Lie In Bed 5:09
B2 Too Bright For Peacocks 2:29
B3 Summer Of Their Dreams 3:21
B4 When The Fields Were On Fire 3:15
B5 It's Too Hot To Sleep 5:18

音楽家系に生まれたVirginia Astley(ヴァージニア・アストレイ)は、エリック・サティやドビュッシーのアレンジに定評があったというグループ The Ravishing Beauties(ラヴィッシング・ビューティーズ)の活動の後、ソロ活動を始めました。本作は、自ら録音した小鳥や山羊の鳴き声、遠くで鳴る教会の鐘や、揺れ動く門扉などの風景音を背景に、ピアノとフルートによる自作器楽曲をミックスした1作目。「夏の日の雰囲気を喚起させる」というテーマのもと、A面は午前、B面は午後〜日が暮れてフクロウが鳴くまで、夏の一日を詩情豊かに描写。野外録音のロケーションはオックスフォードシャーのモールスフォード周辺。スリーブには録音した日時や場所が音源ごとに記載されています。TV番組のサウンドトラックとして制作されたという情報もありました。89年日本編集CD(邦題は「サンクタス」)には、富士通のCMで使われたという "Sanctus" や、12インチシングル "Melt The Snow" を収録。2004年再発CDの紫色の花咲く森ジャケットも好いですが、緑色を基調に押し花が配われた83年盤が美しいです。


...



2007年11月3日土曜日

[014] Morgan Fisher - Water Music


Label: Cherry Red
Catalog#: CDMRED178
Format: CD, Album
Country: UK
Released: 2000

1 Water In The City 6:34
2 Ice Melting 7:41
3 The Great Lakes 11:41
4 After The Rain 6:26
5 We Are All Water 13:24
6 Breathing Rain 5:56
7 On The Brink 8:22
8 We Are All Water (Oceanic Remix) 9:12

Lol Coxhill(ロル・コックスヒル)との共作「Slow Music」、サティ作品集「Inside Satie」、英国実験音楽家の小品を詰め込んだ「Miniatures」、環境ビデオや鈴木大拙記録映画の音楽、自然療法本の付属CDなど、元ロック・グループ出身者でありながら、アンビエントの多面性を感じさせる作品を数多くプロデュースしてきた鍵盤奏者Morgan Fisher(モーガン・フィッシャー)。この「Water Music」は、彼が日本に移り住み、ハンドメイド・スタジオを設立した80年代半ば、わずか2日間で録音されたVeetdharm名義のオリジナル・バージョン4曲に、ボーナストラックとリミックスを加えた拡張版。テープ・ディレイで幾重にも重ねられてゆくシンセサイザーとリリカルなピアノの即興演奏。波一つなく鏡のように静まりかえった湖面。都市に降り注ぐ雨。小さなしずくの滴りから果てしない大海原へ。水が見せる豊かな表情を、潤いに満ちたサウンドで描いた「水アンビエント」の名作です。電子楽器の蒐集家でもあるモーガンは、2004年から現在まで毎月「モーガンのオルガン」という、珍しいヴィンテージ・キーボードを多数使用したソロ演奏会を続けられています。

...
Born in London, England, 1st January 1950. Upon leaving high school, Morgan immediately began an active and ongoing international life as a musician. Artists he has played keyboards with include The Love Affair (#1 hit in 1968), Mott the Hoople (produced by David Bowie), Yoko Ono, Queen, and members of R.E.M and Y.M.O. These days he may be called upon to compose stylish TV and film music, create meditation music in a Zen temple, or jam with classic rock and blues bands. He has even played samba in Brazil and world music in China. All his life he has pursued photography as an art, as well as documenting his musical life using still and movie cameras. Since moving to Japan in 1985 he has specialised in and refined his own style of abstract photography, a kind of visual music, or “light painting” involving spontaneous, free movement of the camera and/or the light source. He utilises the finest digital equipment to create his images, which display a depth and subtlety more akin to painting than photography. Equally close to his creative heart are his solo live performances, improvised on a variety of rare vintage and modern keyboards while projecting his light paintings; they are a true synthesis of sound+light – unpredictable, uplifting, and inspiring.